ヘンリーヘンリーズのギター担当。


by hayashihiromu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

信長のやぼってる

信長の野望って面白いよねー。

あまりゲームをやらない質なんですよ、僕は。
それというのも、あまり得意ではないのです。特にRPG。
RPGにはあまり良い思いでが無いんですよねー。

RPGといえば、ポケモンやFF。
僕はその両方とも挫折してきた人間なんです。

ポケモンは波乗りが怖かった。だってちょっと動いただけで際限なくモンスター出てくるんだもんやめてよ。
だからかどうか知らないけど、一度も殿堂入りしたことないです。
というかジムバッチを全部揃えたこともないです。
ジムリーダー強すぎます。でも彼らはあれでご飯食べてるんでしょ?っていうかなんなのジムリーダーって職業。実態。


FFは最初のモンスターが倒せなくて止めました。トマトのお化けみたいなやつです。
そもそも最初の街から外に出るのに1時間以上かけてしまって、精神が持たなかった。

そうなんです。今まで僕は全然ロールをプレイングしてこなかったというかできなかったわけでして。
そこからゲームに遠ざかってました。たまにウイイレとかパワプロとかしましたけど、ガッツリゲームをやるぞぉ〜って感じにはならなかったです。



しかし、そんな僕にも変化が訪れます。
PS3を購入したのです。
あれは確か高校2年生の春くらいでしたかねー?買いに行きましたよ。
休日に人とどこかに遊びに行くなんて、え、都市伝説でしょ?意味分かんない(笑)ねえ、え、あれ?そんなの‥ドラマとか‥アニメの世界だけ‥だよね‥‥‥な僕は、休日や学校終わりの時間を持て余すことにとてつもなく長けています。多分地区大会があったら入賞狙えます。
なので、新しいゲーム機を買ったら、ましてやPS3なんて買ったら僕の持て余された休日がもうわっしょいわっしょい、よっこらしょよっこらしょ、フォーエバーフォーエバーになって、おいおい、休日さん、これからは忙しくなるぜぇうへへへへへへゲッツ!ゲッツ!アンドターン!アンドターン!と期待に胸をプカプカさせて、それはそれはもう幸せそうな顔をして秋葉原へPS3とモニターを買いに行きました。あの時はみなとと純もいたね。一緒に秋葉原に行きましたよ。

そこで買ったソフトが、戦国無双と信長の野望。
別に戦国マニアなわけではないですよ。戦国は好きですけど。
信長協奏曲とかセンゴクとかキングダムとか(キングダムは春秋戦国だけど)面白いよね。

初めにプレイしたのが戦国無双。でもねーこれなんかすぐ飽きちゃって。あ、真田幸村の章はめっちゃ良かったですけどね。最後ちょっと泣きそうになりました。

そして次にプレイしたのが信長の野望。
ビンゴでしたね。めっちゃハマりました。アホほどハマりました。
もうね、ずーっとやってて。
面白いんですよ。欲を言えば、もっと細かい戦がしたいんですけどね。
でも面白いんです。
結論から言うと、今もやってるんですよ。もう丸2年ですよ。今もがっつりやってるんですよ。

最近はもう僕の腕は神の領域に達してるので、ものすごい縛ってプレイしてますね。

で、今さっき最大のピンチを乗り越えたところなんですよ。
今僕は原点回帰ということで、逆に織田家でプレイしてるんですけど、もう四面楚歌。
今プレイ中の織田家は、尾張、伊勢志摩、三河、美濃、近江、伊賀、大和、山城、越前を有するそこそこの大国になっていまして。そこに島津軍、毛利軍、本願寺軍、上杉軍、今川軍のどれも15〜20万規模の軍勢が一気に四方八方から侵攻してきたんですよ。はいはい四面楚歌四面楚歌。

対して僕は敵軍が侵攻してきている三河、美濃、山城、大和、越前の全ての城に10万弱しか兵をおいてませんでした。さすがにまさか日本版合従軍がやってくるとは想像していませんでしたから。(キングダムの合従軍編面白いよね!秦頑張れ!)ただし、観音寺城に5万、清洲城に15万の予備兵、そして金ヶ崎の支城に騎兵3万を置いていました。

もうね、さっき、見事な采配でこの状況を乗り切ったんですよ。
いやー、もうね、すごかった。どうやって乗り切ったのかはめんどくさいし誰も読みたくもないと思うので具体的に書かないけどね。
ただね、一つだけいうと、柴田勝家がね‥‥。討ち死にしてしまって‥‥。
柴田勝家は、金ヶ崎の支城の城主でした。
この織田家滅亡の危機に際して、騎兵3万を率いてどこの援軍に行けば良いのか、金ヶ崎で僕からの伝令を待っていたわけです。
そして、やっと届いた伝令、そこに記されていた命令は、毛利家の兵力分散のために丹後の弓木城へ特攻をかけろというものでした‥‥。
僕もね、酷だとは思いました‥‥。あんまりです‥‥。柴田勝家の子どもは、最近やっと元服したばかりで‥‥。子どもも、父上のように頑張りますって‥‥。
でも、近畿地方は、大和の筒井城に侵攻してきた島津が強大すぎて、毛利軍に対処していられなかったんです。逆に山城の二条城の兵を筒井城に送らなきゃいけないくらい切羽詰まってて‥‥。織田家存亡のためには、しかたなかった!
柴田勝家は帰ってくると思ってましたよ!信じてた!信じてた!!だってあの鬼柴田だよ!?美濃攻めの時も、観音寺城攻めの時も、一条寺城攻めの時も、あんなに強かったじゃないかぁ!そして何より、一番最初から、ずっといてくれた一番の古株じゃないかぁ!一番最初に攻め落とした城は、岡崎城だったよね。あの時はまだ武将が10人くらいしかいなくてさ、140人も武将がいる今じゃあ考えられないけど、でもたった10人しかいなくて、信長と信秀と柴田が中心になってさ、1万5千足らずの兵を率いて、泥まみれになりながら必死に三河を陥落させたよね。いまじゃあ総兵力は90万近くて、勢力も広がったからお金も兵糧もたくさんで、あの貧乏でお腹空かせてた頃なんか、もう想像できないよね‥‥。領土が広くなったから、中々信長や信秀とも会えなくて、でも、あの頃の三人は何も変わってないよね!泥にまみれて戦った、あの頃の!!あああああ討ち死にしてしまったっ‥‥!!死んでしまった!!
でもね、でも、そのおかげで、山城に侵攻してくる毛利軍は半数近くまで減りました。これは僕も予想していなかった。三分の一減ればいいかな、と思ってたくらいだったから。柴田軍が予想を上回る奮闘をしたから、侵攻中の毛利軍が続々と撤退していったのです!もう生きて帰ることはないと決めたのか、織田家の天下統一への礎となることを決めたのか、援軍は来ない、騎兵だけで、ただ、ただ、孤軍奮闘を‥‥!でも、最後の一人になるまで撤退しないで戦っていたから、時間がとても稼げた。でも、結局玉砕。(まあこれは僕が撤退禁止の設定にしてたからなんですけどね)
僕は忘れない!!柴田勝家を!!ありがとう!


柴田勝家万歳!!











はい、ということでね。


このブログタイトルの信長のやぼってるの話しになるんですけど、信長の野望プレイ中にたまに友達から電話が来るときがあるんですよ。その時は、僕も色々考えて四面楚歌を抜けようと戦っているわけで、早く切りたいんですよね。そこで、いちいち「今信長の野望やってるからちょっと待って」っていうのがめんどくさくて、「今信長のやぼってるから。じゃ」と電話を切るようになったんですよ。

信長のやぼる。

なんか良くないですかこの言葉。

もうね、これ公式で決めたほうがいいですよ。
みんなも信長のやぼろう!って。


うん。それだけ。














おわり
by hayashihiromu | 2013-02-10 00:44 | 普通

メモ帳

ダウンタウンさん、高須光聖さん、板尾創路さんを心から尊敬しております。

タグ

(86)
(17)
(17)
(10)
(8)

最新の記事

バーバー・歯
at 2015-03-25 20:40
すいぞくかんっ
at 2015-03-22 22:06
『鬼が来た!』
at 2015-02-14 21:02
ライブDVDはしっくりくるけ..
at 2015-02-06 02:20
Feu de camp
at 2015-01-30 01:13

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

記事ランキング

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧