ヘンリーヘンリーズのギター担当。


by hayashihiromu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スポーツジムに於いて

最近、またジムへ行き始めました。


というのも、大学に入学してから頻繁にジムに通っていたのですが、五月以降色々忙しくなってしまったため、全然行けていなかった、という現状があったのです。
大学の健康診断で、自分の体重がエラい事になっていることが判明したため、これはダメだぞ、もっと頑張らなければ、と思い、通い始めたのです。
そもそも、自分は自分の体型にそこそこなコンプレックスを抱いておりまして、夏場はどんなに暑くても、基本的には長袖長ズボンでガリガリ具合を隠して生活しています。また、自分は本当に体力が無く、今までのライブでも、5回に3回は足を攣っていたり、体力温存のためのペース配分も考えながらやっていました。それじゃあ、本当、ダメですよね。
なので、これを機に改善しようと、思い立った訳です。

初めにジムへ行くと、なんか色々計測してくれるんですよね。そこで、なんと自分の足腰の筋肉量はアスリートレベル、体幹は標準以上、腕が標準レベルだという結果が出ました。なんだ、自分はムキムキだったんじゃないか、筋肉の塊だったんじゃないか、筋肉=自分だったんじゃないか、と思い、若干どや顔を決め込んだわけなのですが、自分に付いてくれた明治大学法学部の爽やかイケメンインストラクターに、「単純に脂肪が無さ過ぎるだけですよ!」と爽やかに言われてしまってすみません生きててすみません調子乗りましたうへへへとなってしまいました。
あ、スポーツジムの採用判断って、容姿とかも関係あるんですかね?自分の行っている所は、インストラクターはみんな爽やか系で、なんだかこんな貧相な自分が生きててすみません‥、って感じになってしまいます。

そこから、その明治大学法学部当時絶賛就活中の爽やか体育会系イケメンインストラクターに、自分の目指せ体重60kgメニューを組んでもらい、頑張っていました。

色々なマシーンを使って、筋肉を付けようと頑張っていたわけです。でも、最初の方は、本当に筋肉がないため、一番軽い重りを使っていてもぷるぷる震えながら頑張っていたわけです。特に胸筋を鍛える系のマシーンの時は、そのぷるぷる度合いが凄まじく、もう本当に全身ぷるぷるして、しかもほっそい腕がよいしょよいしょと上下に動く訳で、そうしてたら、少し離れた所から爽やか系男女のインストラクターがこっち見ながら心配そうにこそこそ喋っているのが見えているわけです。恥ずかしいとか思う前に、こっちは必死ですから。ぷるぷるに必死ですから。大変でした。

さらに、完全に文化系人間である自分にとって、体育会系が犇めき合うジム、という新しい空間は、新鮮でなかなか面白いものでした。

マシーンスペースと、ムキムキさん御用達スペースがあるんです。重りのたくさん付いたウェイトリフティング?っていうんですか?ボディービルダーがやりそうなすごい重そうなやつ。あれがたくさん設置してある所が、ムキムキさん御用達スペースなわけです。そのスペースの隣にストレッチスペースがあるため、自分はストレッチしながらよくムキムキさん達のトレーニング具合を見ているのですが、なんだかすごいですよね。
「ああああああ」
「うあん、ああ、ぐぅ、あああああ」
「はっ、はっ、ぐう、う、あ、う」
「ふっ、ふっ、あう、ああ、うあ、ふっ、ふっ」
「oh、oh、ohooooooooooooooo!!!」
「よし、よし、ふっ、あ、あ、あ、ぐう、うああ」
なんだかすごいですね。
外国人の方々もかなり来ていましたからね。新鮮でした。
すごい辛そうに持ち上げてるので、根性すごいなーと思っていつもストレッチしながら見ているのですが、ずーっと見てると、あれ、なんかあの人たち、かなり身体接触が多いな、やっぱりムキムキさん達は他人の筋肉にも興味があって触りたいんだな、あれ、でもかなり接触が多いな、あれ?みたいな、不思議な気分にもなります。


まあ、そんなこんなで4月中はかなりの頻度で通っていたため、人生初の力こぶができたり、腹筋が仮面ライダーに出て来る敵のお腹みたいになったり、そして体重も順調に増えていった訳です。自分も意外と根性はある方だと思うのでね。筋肉が無かったその分、根性で埋め合わせて今まで生きて来たわけですから。

しかし、五月になって以降、色々忙しくなったため、全く行けない日々が続いていました。そうすると、みるみる内に逆リバウンドしていき、もう、えらいことに、50kgという最終防衛ラインを突破されそうな勢いで侵攻してきました。そこは頑張って、必死で、自らの最後の精鋭と義勇軍が食い止めて未だ突破はされていないのですが、こりゃ、まずい。本当に、そろそろまずい、と思い、最近また行き始めました。

そして、この前久しぶりにジムへ行ったのですが、気合いを入れてランニングマシーンで走り過ぎたため、足の右人差し指の爪が死にました。

なんか痛いな、と思っていたのですが、いやいや、勘違いだ、痛みに負けるようではだめだだめだだめだ、と全力でずーっと走り、見事30分間時速12kmで走り続けることができました。しかし、どうにも痛いため、家に帰ってその痛みの部分を見てみたらもうバキっとなってて変色‥。
やっちゃったね!

まあ、でも運動はいいですよね。家に引きこもって、脳だけ動かしていても、ダメです。やはり心身共に鍛え上げねば意味が無いわけであります。強靭な心は強靭な肉体からです。

とりあえずは、半袖半ズボンで外を歩いてみたいなー、と思っている今日この頃です。














おわり
by hayashihiromu | 2013-06-24 12:10 | 普通

メモ帳

ダウンタウンさん、高須光聖さん、板尾創路さんを心から尊敬しております。

タグ

(86)
(17)
(17)
(10)
(8)

最新の記事

バーバー・歯
at 2015-03-25 20:40
すいぞくかんっ
at 2015-03-22 22:06
『鬼が来た!』
at 2015-02-14 21:02
ライブDVDはしっくりくるけ..
at 2015-02-06 02:20
Feu de camp
at 2015-01-30 01:13

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

記事ランキング

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧