ヘンリーヘンリーズのギター担当。


by hayashihiromu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ミャンマー一人旅準備篇①~トイレ問題克服奮闘記~

いやはや、本当にどうしましょうかね〜。
9月2日から8日までミャンマーに1人で行くことになってしまいまして。
元々2人だったんですが、諸事情で一人に。
先週くらいはあまり実感なく、あれ、別に行けるんじゃない?行けるよね?大丈夫だよね?え?大丈夫なんだよね?みたいな感じだったんですが、フライトまで約一週間となってからはだんだんと怖くなってきてしまいました。

ツアーじゃなくて個人っていうのがね。トラブル起こったらどうすんのっと。
とりあえず日本大使館の場所は把握したので、というかそこしか把握してないんですが、まぁなんとかなるだろうと。パスポートさえ守ればいいんだよね?盗られてもいいように、必要なものは現地調達するつもりなので。

不安だらけですが、その中でもトップ3に食い込むのがトイレです。東南アジアですから。絶対トイレやばいでしょ。もちろんいつも使い慣れた日本のトイレットペーパーは持参するつもりなのですが、衛生面が本当にどうしよう。

ほら、自分は東京育ちのシティー派ですから。デリケートな現代っ子ちゃんですから。トイレには敏感なんですよ。東京でも、基本的にはトイレには大きい方のトイレには入りません。入るとしても、厳選に厳選を重ねます。自分の中で、一応トイレレベルっていうのを設定しているんですよ。10段階で。10は家のトイレですよね。やっぱり無条件で受け入れられますよね。自分の納得できるレベルは、基本8以上です。やばい時は6でも妥協しますが、5とかはさすがにふざけんなレベルです。なので、基本的にいつもトイレを探します。トイレレベルを測定しています。無理なんですよ。本当に。

でも、ミャンマー、絶対やばいじゃないですか。トイレ。洒落にならないレベルだと思うんですよ。そもそも日本のトイレは世界で一番綺麗だと言われているじゃないですか。その日本のトイレですら9割受け入れられないんですよ。ミャンマー。東南アジア。発展途上国。いや、マジで洒落になってないと思うんですよ。トイレレベルが。いくつなんだろう。

でもトイレは生理現象です。一週間くらい滞在するため、絶対に、いつかそのときはやってきます。ちなみに、ユニットバス的なトイレは、トイレレベル5強です。なので、ホテルでも、厳しいです。さらに、その生理現象が、もしかしたら観光している最中に襲って来ることもあるじゃないですか。本当にヤバいです。

そこで考えたのが、とりあえず日本で予習しとこうかな、でした。
で、最近の自分の日課は、夜、近所の公園で練乳アイスを食べながら30分から1時間ほどふわ〜っとすることなんですが、そこで野グソしてやろうかなと。

いやー、迷いましたよ。さすがにデリカシーないじゃないですか?日中は子ども達が遊ぶところですよ?さらに夏休みです。そう、夏です。エラいことになりますよ。自分も幼稚園の頃などはそこで遊んでいた記憶があるのでね。そして砂場で遊んでいて、泥だと思っていて握っていたものがうんこだったこともあるのでね。もうあのような思いはさせたくないじゃないですか。子どもは国の宝ですよ。そんな子どもに自分のうんこ握らせたくないじゃないですか。

なので、その公園にあるきったない公衆便所でもいいかな、と。ただまぁ、これはその時の気分次第で判断しようと思いました。

思い立ったらすぐ行動ですよね。しかし、やっぱりさすがに気張りたくはないじゃないですか。長時間滞在はちょっと厳しいので、スルッと出る様に腸のコンディションを整えておこうと思い、一昨日ぐらいから大きい方をしていませんでした。

元々、自分はあまり快便な方ではなく、自ら意識して、よし、出すぞ、と思わなければ1日2日は出ない時も余裕であるので、コンディション作りはしやすかったです。そして今日、今晩、というかさっき、腸もいい感じになったため、練乳アイスを持参して颯爽と夜の公園に赴いた訳であります。緊張していない、といえば嘘になります。だって、公衆便所でうんこをする、又は野グソをする、なんて自分に取ってみたらもうアイデンティティの崩壊です。自分の今までの人生、生き方をを否定する行為です。でも、ミャンマーのために、ミャンマーでうんこをするために、やっぱり避けて通れないじゃないですか。こうやって人は大人になるんですよね。何かを捨てて、自分に嘘をついて大人になっていくんですよ。きったない公衆便所でうんこをすることで、人は大人になるんです。この年になって野グソをすることで、人は大人になるんです。




あ、9月15日のライブに来て頂いた方には、上記の動画のバックで流れている『オトナチック』という僕らの新曲デモ音源を差し上げますので、是非来て下さいね。良い曲ですよ。


そんな訳で、夜の公園に行ってきました。家を出る瞬間は、結構いい感じのコンディションだったのですが、いざ戦場に辿り着いてみると、不思議なもんで、すっと収まってしまいました。どうしてでしょうね。人体の不思議!!

でも、やはり今日の目標はきったない公衆便所でうんこor野グソな訳ですよ。やっぱり目標は達成しないとね。なので、練乳アイスを食べながらその時を待っていました。

1時間ほどふわわわわ〜っとしていたところで、遂にきましたその時が。来ましたよ。約3日間出してませんでしたから。そりゃきますよ。そしてここでまた瞬時に考えた訳です。さて、どっちにするのか。

紙は持参していなかったので、野グソだとしたら、やっぱり葉っぱで拭くことになりますよね。これも中々難易度高いですよ。しかも、虫がでるかもしれない。そうなったら、もう終わりです。どこに発射するか分からないわけですから。半分出ていた場合、もうどうすることもできません。人が一番弱い時って、多分半分出ている時だと思います。この時に襲ったら、たぶんボブサップにでも誰でも勝てますよ。

まあ、デリカシーの問題もありますし、ここは大人しく公衆便所にするかな、と思い、公衆便所へ向かった訳です。足がすくみます。こわいです。でも、逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!と言い聞かせる訳です。大人になるんだ!頑張るんだ!変わるんだよ!自分は、ここで変わるんだよ!って。そりゃ、今まで色々あったさ。自分のポリシーというか、そういうのを守るために、今まで綺麗なトイレでしかしてこなかった。汗水垂らして綺麗なトイレをずっと探しまわっていた。ライブ前とか、リハが終わったらとりあえず綺麗なトイレを探す旅に出ていました。たしかに、その自分の今までの努力を全て水の泡にする行為なのかもしれない。しかし、しかしですよ、ここで逃げたら、もっとダメな気がするんですよ。きったない公衆便所でうんこすることで、その過去の自分を否定することで、新しいステージに上がれるんです。たしかに、たしかに、過去を尊重することは大事です。過去の連続があるからこそ、今の自分があり、未来の自分があります。しかし、しかし、時には、男なら、その過去の自分をぶち破る必要が、やっぱり、やっぱりあるんじゃないかなって、そうすることで、明るい未来があるんじゃないかなってさ、そう、思うんですよ。行きますよ、自分は行きますよ、逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!!

そんなやりとりをして未来への扉を開いたら、その時点で臭いが凄すぎてえ?え?え?え?こんなにも?こんなにもなの?と思った刹那嗚咽数回繰り返し、それでも前を向いたらそこでその公衆便所の中には電灯が付いていないことに気づきえ?え?え?どこにすればいいの真っ暗じゃんなにこれどこにうんこすればいいの?それでもなんとか大人の階段に足をかけたところでなんかマジで気持ち悪い虫が数匹いるのを発見し気付いたら走って家に帰っていました。


情けない。本当に情けない。もうだめだ。だめだ。ミャンマーどうしよう。誰か助けて。お願い誰か。誰か助けて。たすけてよおおおおおおおおいやあああだあああああああああもういやあああああああああああああああああああ









おわり
by hayashihiromu | 2013-08-28 00:18 | 普通

メモ帳

ダウンタウンさん、高須光聖さん、板尾創路さんを心から尊敬しております。

タグ

(86)
(17)
(17)
(10)
(8)

最新の記事

バーバー・歯
at 2015-03-25 20:40
すいぞくかんっ
at 2015-03-22 22:06
『鬼が来た!』
at 2015-02-14 21:02
ライブDVDはしっくりくるけ..
at 2015-02-06 02:20
Feu de camp
at 2015-01-30 01:13

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

記事ランキング

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧