ヘンリーヘンリーズのギター担当。


by hayashihiromu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『許されざる者』/『アウトレイジ』

今日は大学で日韓関係のセミナーが夜にあり、まあそれは後に書くとして、それまで暇だったため、映画を一本見てきましたー。『終戦のエンペラー』を見る前の予告でやっていて、そこで興味を持った『許されざる者』です。

あの映画上映前の予告って、すごい興味をそそりますよね。
『人類資金』、『共食い』、『そして父になる』、『少年H』、『キャプテンハーロック』なんかは見に行きたいですね〜。面白そうー。

本題ですが、自分は映画が趣味な訳ではなく、また、映画に関する教養が全く無いため、この作品が外国の有名な映画のリメイクだ、と知ったのは見終えた後でした。そんな自分みたいな者は、映画好きから見たらお前が映画を見て感想なんか言うな空気が汚れるんだよクズ、と言われることは重々承知の飢えで感想を言うと、うん、自分とは合わなかったです‥。

予告編

1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛(渡辺謙)だが、その正体は徳川幕府の命を受けて志士たちを惨殺して回った刺客であった。幕末の京都で人斬りとして名をとどろかせるも、幕府崩壊を機に各地を転々と流れ歩くようになり、五稜郭を舞台にした箱館戦争終結を境に新政府の追手をかわして失踪。それから10年あまり、十兵衛に刀を捨てさせる決意をさせた妻には先立たれ、経済的に困窮する日々を送っていた。そこから抜け出そうと、再び刀を手にする彼だが……。 Yahoo!映画より


映画としての起承転結はあるんだろうけれども、「その物語」の起が無かった気がして。背景を全部登場人物の口から説明口調で説明されてね。なんだか物語に入っていけなかったです。上記のあらすじに書かれていることの半分は、過去のことじゃないですか。その過去のことほとんど全部、説明口調で説明されるんです。なので、なんかすごい唐突。ちょっとねー。自分には想像力が無い、ってことなんでしょうかね。

あとは、グロい、というか、痛い。骨が飛び出ていたり、顔に刃物や瓶の破片でえぐる過程を生々しく映したり、ピアス引きちぎったり。まあ、ああいう映画だから、そういう「痛み」をリアルにすることで、人を殺すこと、っていうことの意味をさらに引き立てたのでしょうが、単純にやめてーーやめてよーーってなりました。

そして、一番言いたかったのは、というか、これはこの映画の本質にはほとんど関係の無いことなのかもしれませんが、アイヌのこと、というより、ある特定の歴史的場面の、その描き方です。

舞台が明治初期の北海道なため、アイヌの言葉でいう「和人」が「アイヌ」に対して同化政策を行っている時の悲惨さ、理不尽さ、みたいなことが少し描かれています。

少々話しがずれたところから入りますが、なんだかな、というか、「さきの大戦」が最もそうだという気がするのですが、「ある歴史的場面が悲惨だった→〇〇反対」というプロセスが好きではないんです。戦争はとても悲惨だった→戦争反対。いや、誤解を招いたらいけないのですが、これは間違っている、と言っているわけではないです。完全に正しいです。けれども、このプロセスって、すごい危険だと思うんですよね。

もちろん、戦争は悲惨だから二度と起こしてはいけないです。でも、「悲惨だから」が原因であると、もうそれってどうしようもないじゃないですか。だって、戦争は「悲惨じゃないと思ったから」起こった訳じゃないでしょう。もっともっと複雑で、絡まり合って。悲惨だから〇〇反対と主張しているものの、実はその人はその〇〇に向かって動いている、という可能性って、十分にある訳ですよ。

悲惨さを描くのならば、その現象が起きた時代背景、プロセスを出さないと、凄い偏って見てしまう。「悲惨」という強い感情は、時に周りを見えなくさせる。そういう意味で危険だな、と。

この映画でも、「和人」が「アイヌ」の人達の文化破壊、そしてその手段としての暴力が描かれています。これだけみたら、うわ、なんて酷いことをしたんだ、で終わりです。そうじゃなくて、時代背景を経て、こんな酷いことをしたんだ、となって欲しいんですよ。そうじゃないと、何もできなくなります。

あと、自分は連続性を結構重視してしまうので、自分達の先祖が加害者として描かれている場面を見て、単純に気分が悪くなった、という、なんともまあ若気の至りで済ませてね、としか言えないような自分の単純さにも起因しています。

で、結果、なんだか入り込めなかった作品でした。





『アウトレイジ』も見たんですよね。ちょっと前にDVDで見ました。
これは面白かったです。
『許されざる者』も結構多かったんですが、なんだか使い古されたような陳腐な「良い事言ってますよ感」が作品に入っていると、ダメなんですよ。いや、そんなこと普通言わないでしょ、それを言葉にしちゃダメじゃん、言葉にしないでそれを伝えてよ、となってしまうんですね。

なので、『アウトレイジ』はめっちゃ面白かったですね。そういうのが無いですから。加瀬亮さんがインタビューで仰っていた通り、乾いています。
下手にメッセージ性とか入れるくらいなら、何も無い方がいいに決まっています。面白い娯楽のエンターテイメントって、やっぱり凄いですよね。

まあこれもグロかったというか痛かったですけれどね。
歯医者のシーンとかもうあれはさすがにダメでしょ‥。あと菜箸は耳に突っ込むものではありません。指切るシーンも何回かあったのですが、目を瞑りました。でも音だけでも怖かったです‥。後は、あの車‥。思い出しても悲しくなります。

というか、何よりこの映画での特出すべきところは、椎名桔平さんのかっこよさです。
ああもうかっこよすぎでしょ‥。
かっこよすぎてもう変な方向行きそうになっちゃいますよね。
椎名桔平さんは若頭で、最初らへんはちょっとやんちゃな訳でもないですけれども、半笑いでガンガン前に行って色々やるんですよね。でも、自分の組が追いつめられていってからのあの真剣な顔は‥。いやーかっこいい。やっぱりね、あれくらいの年の人が一番かっこいいよね。大学教授にもいますけれども、渋さと若さを兼ね備えたあの感じ。いいなーかっこいいなーって思ってます。あれくらいの年の人のホストクラブ的なところとかないのかな。絶対に男女の分け隔て無く人気でるでしょ。老若男女に人気でるでしょ。

ちょっとね、あのドスの利いた低い良い声で怒鳴られたいよね。
っていうかあの役の椎名桔平さんと友達になりたい。

とにかく怒鳴り合いが多いんですよ。
大人の真剣な怒鳴り合い。
結構笑っちゃうんですけれどね。でもなんかぐわーってなります。
アウトレイジ見てから、低いドスの効いた声で「舐めてんじゃねぇぞこのやろう」って言うのがちょっとした趣味になりました。自分、意外とあの感じの声出せるんですよ。

男社会の、あの徹する感じが好きなんでしょうね。階級、忠誠、義理、みたいな。そして裏切り、謀略。ケジメとかね。あういう、身体を張って目に見えないものを守る、っていうのが面白いしかっこいいですよね。見ているだけでとても面白いです。あくまで、見ているだけなのが面白いです。


あーもう予告編ですでに椎名桔平さんかっこいい。
これでやってみろや!!
まあ、結局は、俺たちの出番ってことでしょ、親分。
舐めてんのかゴラアアア!!!


はい、ありがとうございます。

アウトレイジ椎名桔平さんの場面集とか無いのかな。椎名桔平さんシーンだけ全部抜いて編集したやつ。めっちゃ欲しい。










おわり
by hayashihiromu | 2013-10-02 23:00 | 普通

メモ帳

ダウンタウンさん、高須光聖さん、板尾創路さんを心から尊敬しております。

タグ

(86)
(17)
(17)
(10)
(8)

最新の記事

バーバー・歯
at 2015-03-25 20:40
すいぞくかんっ
at 2015-03-22 22:06
『鬼が来た!』
at 2015-02-14 21:02
ライブDVDはしっくりくるけ..
at 2015-02-06 02:20
Feu de camp
at 2015-01-30 01:13

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

記事ランキング

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧