ヘンリーヘンリーズのギター担当。


by hayashihiromu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

研究旅行 奈良→天橋立→鳥取砂丘→出雲大社

明後日、火曜日から、出身高校の研究旅行に助手として付いていくことになりました。自分の高校は、高校二年生になると、講座毎にことなった地へ研究旅行に行くのです。自分は日本文学研究という講座を取っていて、一昨年、自分も研究旅行で九州を縦断しました。

高校に良い思い出というかまあ、悪い印象はありますが悪い思い出さえもほぼない、すっからかんの三年間を送っていたわけですが、それでも唯一といっていいほど、この研究旅行は楽しかった、と思える良い思い出です。

みなととタム氏も一緒でしたね。純は科学技術なんちゃらみたいなので原発を見学に行っていたと思います。この日本文学研究の研究旅行で参拝した、太宰府天満宮で引いたおみくじが大吉だったんです。受験の「運」の部分は菅原道真公が多少力添えしてくれていたのではないかなと、感謝しています。阿蘇も良かったですねー。草枕に出て来る山路も登りました。また行きたいなー。うん。一昨年のあの期間だけ、戻ってみたいな。

比較的良い思い出のある研究旅行に、OB助手として参加できて誠に光栄でありますね。
今回は、奈良→天橋立→鳥取砂丘→出雲大社だそうで。大体が古事記に沿った旅のようですね。まだあんまり生徒の名前覚えてないや。どうしよう。っていうか、どういうスタンスでいけばいいんだろう。自分は結構排他的な人間なので、一昨年に助手としてきていたお兄さんとは結局一言も喋りませんでしたので、どうしたらいいかが分からないんですよね。なんか一回話しかけられた気がするんですけれども、ふわーっと逃げてしまいました。

どうしようかなー。
普段のまんまだと多分怖がられるというか、うん‥。役割が役割なだけに、打ち解けなきゃなぁとも思うのですが‥。めっちゃ好青年風味を出していきましょうか?出るかなぁ‥。服装からして好青年じゃないもんな‥。えーどうしようまだ何も準備してない。

高校二年生とどんな話しをしたらいいんだろう‥。バスでの移動時間が毎日長いため、そして自分の椅子の配置位置が生徒にがっつり包囲されているため、必然的に話すことになるのかなーと。そうですねー、まずは高校二年生のあの地に足着いていないふわふわした無責任な感じを受け入れるところから始めましょうか。もう自分も大人になったんです。受け入れられますよね。
日本、世界経済や日本政治、プラトン、デカルト、憲法問題、関東大震災、東京裁判、時事問題、等々今の高校二年生と話し合ってみたい、話したいことはたくさんあるのですが、こんなの話したらただの空気読めないイタいお兄さんですからね。主役は本人達の楽しみですから。やっぱりただただ黙って本を読んでいるのがいいんでしょうねこんなどうしようもない下水道に落ちている一足だけの靴下並に存在価値の無い人間なんてねはい。酔い止めたくさん持って行こう‥‥。

でも、進路相談とかはしてあげたいなー‥。まあそもそも自分に相談してくれるのかは分からないけれど。この時期からもう勉強始めてないと、自分みたいに泣きながら吐きながら一人で勉強することになりますから‥。あのような思いを後輩には絶対させたくないのですよ。進路の選び方とその重要性も、自分の高校の生徒は、なんかあまり分かってない様な気がするのでね。まあ受験勉強を否定して、受験勉強で得られるもの以下の教育をしているような高校ですから。ただただ自由、則ち、弱肉強食。能力がずば抜けているか、お金がある人、家が恵まれている人は、その自由を活かしてそこそこよくなるというかめっちゃよくなるんですよ。でもね、そんな人なんて学年でほんの数%ですよ。まさに、セーフティネットの無い自由競争。資本主義の鏡!!あ、セーフティネットはあるか。聞いたことも無い名前の場所への大量の指定校推薦。さっすが。

別に良い大学が全てってわけじゃないし、大学進学が全てなんてこれっぽっちも思ってないけれども、でも、大学で何かを学びたいなら、そりゃ良い大学がいいですよ。もちろん、この教授に学びたい!だったら、もうそこに行くべきです。しかし、漠然と経済、法学、社会学、文学、商学、とかなら、やっぱりね‥。環境が全然違う。よく「勉強しかできない‥」とか目線が低すぎることを言う人がいますが、たしかに、そういう人もいますけれども、そんなの別にマイノリティですよ。そもそもそんなの低すぎて眼中に無いというか目に入らない。勉強もできて、その知識を土台として、さらに考え、生み出し、実際にもうすでに社会で活躍している学生がどんなに多いことか。大学の勉強は研究です。好きなことをとことん追求していける場所です。別に、法律学なら、法律だけ勉強するわけじゃないですから。法律を主体として、様々な事柄を能動的に学び、分析し、研究し、スキルを身に付けていくところです。4年間そうすることができる人は、自然と高い能力が身に付きますよ。高いところを見ようよ。勉強ができることは前提、そこからさらに生み出す能力でしょ。特に文系私大なんかは、やりゃいいんだから。

遊びたいならしらん。どこにでも行って乞食みたいに国と親の金にたかって、同年代ではもうお金がなくて体、心を売ったり、首括って仕事したりしている人が少なくない数いる中、勝手に遊んでいれば良い。いいですね、お金があってね。

大学って、大学生って、そういうことも踏まえなきゃダメだと思うんですよ。進学率は50%切っている訳です。良くも悪くも、国のおかげでここまできているわけです。自分達の先人、先輩方が色々な思いを抱えて、汗水血涙を絞って生じたお金で教育を受けてきた訳ですよ。それを、社会に還元できるように、また、少しでも、現状をよくできるようにって。勉強できるって、幸せですよ。自分が勉強している間、その裏では必死で働いている人がいて。欺瞞です。分かっています。自分だけの力でやっている人もいますが、所詮大学生なんてほとんどが物乞いですよ。そんなことを何も考えないで個人主義でやっていけば、アダムスミスのいう世界になるのかもしれません。でも、少しでもってさ。

ああ、知らぬ間にヒートアップしてしまい全然関係のない話しに‥。

はぁ、力になれればなー‥。


天橋立や鳥取砂丘はもちろん楽しみなのですが、なにより太宰府天満宮がめっちゃ楽しみですね。今年式年遷宮を終えたばかりですから。伊勢には行ったのでね。ふう!

鳥取砂丘の砂って袋に詰めて持って帰っていいのかな。もうお土産とかそれでいいよねって思うのですが。泣きながら袋に詰めていたら、ああ、この子は多分ここを甲子園だと思っているのだろうな、かわいそうに、あれ、でも、あれ、もしかしたらここ甲子園なんじゃない?あれ、ここ甲子園だよね、あ、野球見なきゃ!となって皆が円満になりそうですからね。

色々わくわくしながら、旅行のしおりを見ていたら、自分の電話番号が載っていてビビりました。まさかの個人情報流出というね。いや、まあいいんですけれども、今、電話番号を知られるだけで、LINEで友達になっていたりするじゃないですか。今まで頑に個人情報を守ってきた自分として、というより、まあ、単純に聞かれることがなかっただけなのですが、一気にばばばんと増えたのか‥!と考えると闇討ちに合いそうな気がして夜道にしょっちゅう後ろを振り返ってしまいます。あまり知らない人に裸を見られているような感覚ですね。まあクソみたいな理由で連絡してくるアホはさすがに自分の出身高校にでもいないと思うのでいいのですが。

メールアドレスなら速攻変えたりできるのですが、電話番号はねぇ‥。まあいいや。



一昨年の研究旅行で撮った写真

b0209652_1032440.jpg



b0209652_10321187.jpg



b0209652_10322795.jpg







はしゃいでますね。そしてことごとく一人ですね。なんか心がやられてしまいますね。でもね、これ1人で撮っているわけではないですからね。よし、大丈夫。






おわり
by hayashihiromu | 2013-10-13 11:49 | 普通

メモ帳

ダウンタウンさん、高須光聖さん、板尾創路さんを心から尊敬しております。

タグ

(86)
(17)
(17)
(10)
(8)

最新の記事

バーバー・歯
at 2015-03-25 20:40
すいぞくかんっ
at 2015-03-22 22:06
『鬼が来た!』
at 2015-02-14 21:02
ライブDVDはしっくりくるけ..
at 2015-02-06 02:20
Feu de camp
at 2015-01-30 01:13

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

記事ランキング

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧